プロフィール

西山自然保護ネットワークは1999年4月に「乙訓の自然を守る会」の呼びかけで”小塩山のカタクリを保護する”目的で結成しましたボランティア団体です。毎年観察者が増加する小塩山のカタクリを1986年から調査を続けており、カタクリの保護には多くの人の力で大きな活動ができると信じて、6団体と12人の個人の呼びかけで活動を開始しました。1999年春に3つの谷に観察路用のコースロープを張って、保護に効果をあげました。コースロープを張るにあたって40軒近い地主さんや地元の自治連合会にご了解・ご協力を得て実施しました。2006年から監視ではなく、対話による保護を訴えるようにしました。2008年2月に鹿等の獣による被害が多く発生し、全滅も心配される状況になりました。保護対策として防獣ネットをNの谷に張りました。入山者に会員勧誘やカンパをお願いし、又、行政の交付金を得て、翌年には炭の谷、2010年には御陵の谷にネットを張ることができました(2014年末までに全長1500m)。これによりカタクリの復活を見ることができました。皆様から寄せられましたご協力(会費・カンパ)に感謝しますと共に引き続きご支援をお願い申し上げます。

尚、防獣ネット内の見学は無料です。

組織・役員

役職 名前 その他
代表 宮崎 俊一  
代表 土田 伸隆  
会計 伊藤 弘  

西山自然保護ネットワークの会員募集中

当会は京都市西南部に位置する小塩山(おしおやま)においてカタクリとギフチョウの保護活動をしています

私達は1999年からコースロープを張り、2006年から防獣ネット各谷に張りました。4月にはカタクリとギフチョウを見るためにたくさんの人が登ってこられます。見学者の方と対話して保護の必要性を訴えてきました。おかげをもちましてよい環境が保たれています。この環境を維持・推進していくために当会に入会して、花ボランティアに参加しませんか。現在の会員数は400人を超えていますが(2016年5月現在)、活動会員を募集しています。

年会費500円で年間2回の活動紹介を掲載しているネットニュースをお送りしています。

入会ご希望の方は Gmailにてご連絡下さい。 連絡先 nishiyamanet@gmail.com

 


当団体の協力団体

 〇乙訓の自然を守る会  〇乙訓山の会  〇環境市民  〇京都府勤労者山岳連盟  〇生協有志の会
 〇高槻勤労者山岳会  〇西山ハイキングクラブ  〇ポンポン山の懇話自然を守る懇話会