トップページ

当会は京都西山の小塩山に自生するカタクリとギフチョウの保護活動を中心に西山の自然を守りたいと願うボランティア団体です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 則武千鶴 <色鉛筆画>

 

 

4月26日(金)で 各谷(Nの谷/炭の谷/御陵の谷)での花ボランティア活動を終了し、扉を閉じました。 

カタクリはこれから6月にかけて子孫を残す為の大切な時期になります。静かに見守りたいです。

開花情報も終了します。

沢山の方の入山見学していただき、ありがとうございました。         

又、来年も小塩山のカタクリを見に来てください。お待ちしています。

 

お知らせ

一昨年の台風21号と昨年の21号と集中豪雨による倒木被害や森の再生等にご寄付のお願い

一昨年と昨年の台風被害とイノシシの侵入による掘り返しと集中豪雨が思いのほか甚大で今春のカタクリに少なからず影響を及ぼすと考えられます。 倒木除去には2年連続作業日を増やして活動会員で出来るだけ処理しましたが、大木の切断作業は業者に依頼して処理をお願いしました。またイノシシが掘り返した後に集中豪雨で表土が大量に流されて、カタクリ・ミヤコアオイ・チゴユリ等に多大な被害が出ました。イノシシや鹿等の防獣ネットの補強・補修に力を注いでいき、カタクリの保護に努めます。
西山自然保護ネットワークの活動にご賛同いただいている皆様にご援助の程よろしくお願い申し上げます。

17年度の被害(台風)とその処理作業 等


 

18年度の被害(台風とイノシシの被害)とその補修作業 等

 

 

 

 秋の作業が 上記の通り台風被害とイノシシ侵入口の補修作業を6日間延べ105名が参加し、11月24日(土)
 で終了しましたが、まだまだ本格的な補修と残置木の運び出し等の作業が残っています。


たくさんの方がカタクリやギフチョウを見学に来ていただけるように9月から12月初旬と3月に整備作業をしています。当団体はカタクリに適した環境作りの為に3月から春の作業を開始しています。
(スケジュール2019年スケジュールに掲載します)

 

◎夏原グラントから助成金                      ←ここから入場して下さい

平和堂財団環境保全活動助成事業「夏原グラント」2019年度分助成金を申請しました。
カタクリ・ギフチョウが暮らしやすい森作りの活動が認められて助成金が採択されました。
今年の秋からの作業に大いに有効利用させていただきます。

 

カタクリやギフチョウ等の保護活動に参加しませんか。

 先ず会員になってくだい。年会費500円です。(活動参加には年間ボランティア保険300円追加
 春の作業日程は「スケジュール」に掲載します。Gメールにて参加申し込みをして下さい。
 作業内容は力仕事ばかりではなく、女性でもできる作業も多くあります。

 当団体はハイキングや山野草の大好きな会員が参加して月に一度花観察ハイキングを実施しています。
 これにも参加してみませんか。お待ちしています。

 

※お願い
 各谷の扉は来春まで閉じますが、入られたら、必ず戸締りをお願いします。
 観察路以外には絶対入らないようにお願いします。

 

◎当ホームページ掲載の内容及び写真は商用等に利用することは厳禁です。

新着情報

2019年4月27日
2019年4月21日  
今年の花ボランティア活動を終了。
2019年3月26日
 
今年のカタクリ花情報を更新しました。
2019年3月10日
今年のカタクリ花情報を掲載しました。
2019年2月8日
 
スケジュール等を掲載しました。
2019年1月1日    
あけましておめでとうございます。活動会員募集のお願いを掲載しました。。
2018年4月27日
2018年4月1日 
2018年2月2日
4月26日で花ボランティア2018活動を終了しました。各谷の扉を閉めたした。                     2018年度のカタクリの公開を4月1日から始めました。                                 2018年度の予定を掲載しました。
 
 
2016年1月8
サイトを新装オープンしました