トップページ

当会は京都西山の小塩山に自生するカタクリとギフチョウの保護活動を中心に西山の自然を守りたいと願うボランティア団体

 

2020年度情報(令和2年)

◎4月19日(日)で花ボランティア活動(扉を開けて会話)を終了しました。

4月16日にコロナウイルス対策として全国に緊急事態宣言が出され、京都府も特定警戒地域に指定されました。当会も自分や他の人の命を守る観点から4月19日(日)をもって今年の花ボランティア活動を終了します。ご了承の程お願いします。不要不急の外出を控えウィルスの拡散防止に心がけ、早期に収まることを願っています。花や蝶は無くなりません。来年皆様と楽しくお話ができると思います。どうぞ来年4月にお越しください。お待ちしています。  

2月25日時点ですでに一枚葉が出来ています。今年は咲き出すのが少し早いと思われます。

 

3月15日には花芽を付けた2枚葉が数株出てきました。開花までもう少しです。

 

3月20日に今年の最初の開花を確認しました。
  今盛んに花見を付けた2枚葉が出てきています。
咲く条件は晴れて気温15℃以上が理想です。4月に入ってから期待したいです。

 

◎3月29日(日)寒い日でしたが、午後から晴れて、炭の谷中央部で約20輪の開花が見られました。
  他の谷では花芽を付けた2枚葉は出てきていますが、まだ開花は確認していません。
  ミヤマカタバミやエンレイソウは開花しています。

◎4月4日(土)各谷でカタクリが一斉に開花しています。花芽を付けた2枚葉のカタクリが、地表に出てきた状態から開花状態までが見られます。今だけしか見られない貴重な姿です。花・昆虫・動物が一斉に活動しだした様です。

4月7日(火)各谷でカタクリの花満開状態になりました。
   ミヤマカタバミは満開(炭の谷。Nの谷)、ニリンソウは1輪目が開花(炭の谷)

 

4月26日各谷の扉を閉じました。
     入られた場合は出た時に必ずフックをかけてロープで扉を縛っておいて下さい。


最近はコロナウイルス感染者が拡大傾向にある時期です。
 くれぐれも十分な対策を施してお越しください。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 則武千鶴 <色鉛筆画>

 

 

 

お知らせ

イノシシ被害が年々増加への対策とカタクリの住みやすい森への更新 等にご寄付のお願い

17年と18年の台風被害とイノシシの侵入による掘り返しと集中豪雨が思いのほか甚大で今春もカタクリに少なからず影響を及ぼすと考えられます。 倒木除去には2年連続作業日を増やして活動会員や学生ボランティア団体のご協力や皆様のご寄付等でほぼ完了しました。ありがとうございました。またイノシシが掘り返した後に集中豪雨で表土が大量に流されて、カタクリ・ミヤコアオイ・チゴユリ等に多大な被害が出ました。イノシシや鹿等の防獣ネットの補強・補修に力を注いでいき、カタクリの保護に努めていますが、最近の炭の谷でのイノシシ被害は甚大でネット補修や防止金具設置等の対策をやっても、侵入を防げていません。
西山自然保護ネットワークの活動にご賛同いただいている皆様にご援助の程よろしくお願い申し上げます。

台風倒木等の処理作業 ほぼ完了しました。


 

18年~19年度のイノシシ被害とその補修作業 等

 

 

 

 19年度秋の作業が 上記の通り台風の残置木とイノシシ侵入口の補修作業を8日間延べ147名が参加し、
 12月8日(日)で終了しましたが、まだまだ本格的な補修と残置木の運び出し等の作業が残っています。

 

◎19年夏原グラントから助成金                      ←ここから入場して下さい

平和堂財団環境保全活動助成事業「夏原グラント」2019年度分助成金を申請しました。
カタクリ・ギフチョウが暮らしやすい森作りの活動が認められて助成金が採択されました。
昨年の秋からの作業に大いに有効利用させていただきました。ありがとうございました。

たくさんの方がカタクリやギフチョウを見学に来ていただけるように9月から12月初旬と3月に整備作業をしています。当団体はカタクリに適した環境作りの為に9月から秋の作業をしました。

若い人達IVUSA会員(立命館大学生)からも参加協力していただきました。

笹や下草を刈り取りカタクリやミヤコアオイの生育しやすい環境を作っています。


一昨年と昨年の残置木を薪割りし、運び出し作業をしています。

依然として続くイノシシ侵入

Nの谷下部で掘り返された跡(Nの谷下部)  観察路の設置木を動かして掘ってある(N)  侵入口に侵入防止柵を設置(炭の谷)

 

カタクリやギフチョウ等の保護活動に参加しませんか。

 先ず会員になってくだい。年会費500円です。(活動参加には年間ボランティア保険300円追加
 春の作業日程は「スケジュール」に掲載します。Gメールにて参加申し込みをして下さい。
 作業内容は力仕事ばかりではなく、女性でもできる作業も多くあります。

 当団体はハイキングや山野草の大好きな会員が参加して月に一度花観察ハイキングを実施しています。
 これにも参加してみませんか。お待ちしています。

 

 

※お願い
 各谷の扉は来春まで閉じますが、入られたら、必ず戸締りをお願いします。
 観察路以外には絶対入らないようにお願いします。

 

◎当ホームページ掲載の内容及び写真は商用等に利用することは厳禁です。

 

 

協力団体
  

  

 

新着情報

2020年月27日
2020年4月18日
4月26日でカタクリの各谷の扉を閉めました。
緊急連絡:花ボランティア活動を終了します。
2020年4月3日~
2020年3月28日
2020年2月28日
カタクリ開花状況を掲載しました。
花ボランティア開始と開花の情報を掲載しました。
20年度カタクリ情報を掲載しました。
2020年1月26日
20年度上期のスケジュールを掲載しました。
2020年1月1日
あけましておめでとうございます。昨年の報告と年頭のお願いを掲載しました。
2019年11月14日
2019年9月1日    
秋の作業を掲載しました
登山道整備を掲載しました。
2019年7月16日
2019年4月27日   
2019年4月21日  
下期のスケジュールを掲載しました。
今年の花ボランティア活動を終了。
2019年3月26日
 
今年のカタクリ花情報を更新しました。
2019年3月10日
今年のカタクリ花情報を掲載しました。
2019年2月8日
 
スケジュール等を掲載しました。
2019年1月1日    
あけましておめでとうございます。活動会員募集のお願いを掲載しました。。
2018年4月27日
2018年4月1日 
2018年2月2日
4月26日で花ボランティア2018活動を終了しました。各谷の扉を閉めたした。                     2018年度のカタクリの公開を4月1日から始めました。                                 2018年度の予定を掲載しました。
 
 
2016年1月8
サイトを新装オープンしました