ご案内

小塩山カタクリの各谷の花ボランティア活動は4月1日から開始します。

 

 

見学・利用マナーについて

カタクリの自生地は全て民地です。地主の方のご厚意と当会の保護のもとに見学が可能になったと思っています。期間中多い年で4000人を超える人が入山されます。これ以上増えると生育地を壊す恐れがあります。これらを踏まえて下記の事項をお守りいただきますようお願い致します。観察通路の中にもカタクリは咲いています。自然の中で咲いている所を私たちは入らせてもらっているという感謝の気持ちで見学して下さい。

個人のマナー   見学には当会の指示及び表示をお守りください。ストックで植物を傷めないように願います。
         当山にはトイレはありませんので登山口のトイレをご利用下さい。ゴミは持ち帰ってください

団体のマナー 有料での公募による不特定多数の人をつれて入山見学する事業はお断りしています.
         又、多数の人をつれてグループで の入山見学もお控えください。(10人程度に1人リーダーを必ず付けて下さい)

ゲートの開閉   各谷の入り口には扉がありますが、開けたら必ず閉めてご見学下さい。

禁止事項  〇観察路コースロープを越えて入り込む(手・足・物)。         

      〇カタクリの花を触る(触ると折れます)。

      〇三脚や一脚で写真を撮る。

 

 

 

 

 

 

 

4月 満開です。 

 

 

 

 

 

 

カタクリの花片は通常6枚ですが、7~9枚のもあります。見つけてください。

 

 

 

 

 

 

カタクリが咲く谷

カタクリは、以下の場所で見られます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

NTTのアンテナ鉄塔横にあるカタクリ自生地のNの谷をお訪ね下さい。

花ボランティア期間中は当会会員が いますのでご説明させていただきます。

入山・見学は無料です。

 

〇4月の各谷に咲く花(カタクリ以外)

Nの谷(NTTのアンテナ塔横) エンレイソウ・シハイスミレ・ミヤマカタバミ・モミジガサ

炭の谷(NTTのアンテナ塔の東側)ミヤマカタバミ・ニリンソウ・ケマンソウ・エンレイソウ・モミジガサ

御陵の谷(淳和天皇陵の右奥) ミヤマシキミ